このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
受付時間:平日10:00~17:00
命名、緑仙白炭窯

  命名、緑仙白炭窯  

日向備長炭|緑仙白炭窯|モリのコビト
どうだろう?
炭窯に名前を付けては?
安直にただ名前を付けるだけでは...

思案の末こう考えた。
ちょっと話しが大きくなるかもしれないが...
-----
炭を作る製造工程および出荷される最終的な炭の状態が、当窯独自の条件を満たした炭のみに与える品質保証。
いわゆる、原産窯統制呼称。
-----
名は体を表し、品質保証を表す名称。
その名称は【緑仙白炭窯(りょくせん はくたん かま)】としよう。

この「緑仙白炭窯」を名乗る為には、特定の製炭方法と規格を厳守して品質を保持するということになる。
言い換えれば、当窯の自主基準である。
これまで口頭継承が主だった製炭自術を基準を設けることで明文化につながり、よりスムーズな技術継承が可能になるのではないかと思う。

ベテラン炭焼き師は言う「自然相手の炭焼きに同じ条件の窯は二度とない」
長年の経験から導き出された感が重要だという。

しかし私は長年の感や経験を補うため、製炭を数値化し仮説と結果を比較して随時検証する。
良くも悪くも、ベテランが言うことも正しいのかどうか検証の対象である。
そうして技術を可視化し法則化する。
法則を十分理解した上で経験を積めば、原因と結果がわかりやすい。
すべての物は理にかなう動きしかしないからだ。
ここに関して言えば偶然などはあり得ないとも思っている。

緑仙白炭窯では基礎となる法則を一つ導き出している。
品質の安定化につながったことと、もう一つ。
炭焼きの概念として若手育成に一役買える筈である。

いち早く高品質の備長炭を作るための一指標。
マニアな話だが、いずれ製炭に関するテクニカルデータも商品に添付して提出できるようになるはずである。
それが原産窯統制呼称【緑仙白炭窯】
命名と共にそう決めた。

伝統の窯出しスタイル
(約11分30秒)

日向備長炭が出来るまで
約2か月間の炭窯ギャラリー

木伐り・運搬|日向備長炭 |緑仙白炭窯
山から運搬
山は多様。道すらあったりなかったり。四駆軽トラが大活躍。炭木の運搬はもちろん薪にする木も山から調達
太い木は割る|日向備長炭|緑仙白炭窯
太い木は割る
直径8cm以上の木は割る。太さによって二つ割または4つ割りにする。
木揃え|日向備長炭|緑仙白炭窯
木を揃える
■木揃え:5日~14日■
備長炭の炭窯は大きい。高さ230cm、奥行・幅は約300cm。約7トンの炭木が必要となる。
木くべ|日向備長炭|緑仙白炭窯
木を窯の中へ
■窯くべ:1日~2日■
細い窯の出入り口を通して、木を縦にバランスよく隙間なくくべていく。
口掛け・火付け|日向備長炭|緑仙白炭窯
口掛け・火付け
少しの空気の出入りも無いよう煉瓦と土で口を閉じる。当窯、緑仙白炭窯の場合、薪の焚口と空気調整口もここに作る。
窯焚き(乾燥焚き)|日向備長炭|緑仙白炭窯
窯焚き(乾燥焚き)
■平均日数:30日■
伐りたての炭木は水分を多く含む。木を炭化させる前にまずは木を乾燥させることから。
温度管理|日向備長炭|緑仙白炭窯
温度管理
後方排気口の温度。
各重要な工程で温度変化を測定。そのほか煙の色や臭いなど五感を使って見えない窯内の状況を把握する。
練らし(精錬)|日向備長炭|緑仙白炭窯
練らし(精錬)
■平均日数:7日■
備長炭への最終工程。
空気の調整により温度を1,000度~1,200度に上げて炭内の不純物を焼き落とす。

窯出し|日向備長炭|緑仙白炭窯
窯出し
■平均時間:14時間■
数メートル先には燃え盛る備長炭。
炭の状態を見ながら、鉄の出し棒で少しずつ搔き出すため、約14時間の時間を要す窯出し作業。
夏は灼熱の熱さ。

炭の山|日向備長炭|緑仙白炭窯
備長炭山
大気の気温や湿度になじませるため空気に約一か月ほど空気にさらす。
自然に折れる炭もある。そのうえで規格に沿って選別を行う。
備長炭は高純度の炭素比と水分がないため、鉄琴のような金属音が特徴
炭切|日向備長炭|緑仙白炭窯
炭切
木伐りから炭切まで約2か月の一連の作業で焼きあがった備長炭。
手斧で切ったその断面は美しい。

口掛け・火付け|日向備長炭|緑仙白炭窯
口掛け・火付け
少しの空気の出入りも無いよう煉瓦と土で口を閉じる。当窯、緑仙白炭窯の場合、薪の焚口と空気調整口もここに作る。
山で木を伐り再生させる

日向備長炭の原木は「アラカシ(粗樫)」 

炭山師|日向備長炭|緑仙白炭窯|モリのコビト
私の炭は、自身で木を伐ることから始まる

一窯、一窯、必要分だけ山から伐って下る。
指2本ほどの枝でも。
必要以上はいらない。
貴重な天然資源だから。

古来、人は森林資源を建材用材、薪炭等の燃料などに利用し木材と密接の関わって生活をしてきた。
人の生活の移り変わりと同じくして、薪炭として使う広葉樹林は、化石燃料の台頭とともに姿を消し、スギ・ヒノキなどの建材用針葉樹へと植え替えられていった。
ここ美郷町でも昔を知る方は、スギの山を指差しながら「ここも昔は樫山やった」とおっしゃる。
もう60~70年前の話であろう。

アラカシ(広葉樹)は生命力が強い木である。
岩地や急斜面にでは植え替えが出来なかったため、今でも営々と葉を茂らせている。
伐ったとしても自然萌芽し、その倍以上の勢いで芽吹いてくる。

世は和食ブーム。
和食は無形文化遺産に登録され古来焼き物の熱源とされる備長炭は、日本文化の継承の下支えとして、現代において再度見直されつつあるという。
ご存知の方も多いのでは?

かつてより激減した育成面積の中で、いかに原木を確保しロスなく備長炭を作ることができるか?
もう枝の一本も無駄にできない。
ましてや、バイオマス燃料やパルプの原料として乱伐されるなど...

炭を焼く私が自身で木を伐る理由である。

アラカシは自然萌芽する、持続可能種

宮崎県産アラカシの萌芽|日向備長炭|緑仙白炭窯
自然に萌芽
伐採から5カ月後の7月。
季節もよかったおかげか萌芽した目がこんなに大きく育っている。
背景の山肌も太陽に照らされ、草花の新芽やたくさんの昆虫や鳥たちなどで賑やかになる。
根も枯れず山肌を支え、萌芽や新芽を芽吹かせるため山の機能は維持し続ける。
新芽は二酸化炭素交換率も高いという。
植樹が不要
これからこの新芽、若芽は鹿や猪にかじられたり、虫害、風などで折れたという自然淘汰され、20~30年後には5、6本の株木となって大きく育つ。
このアラカシのような広葉樹は自然萌芽するので植樹の必要がなく、成長サイクルも20~30年と比較的早い。
比べて、林業の主たるスギ・ヒノキは萌芽しないため植樹が必要で伐期まで60~70年という。
植樹が不要
これからこの新芽、若芽は鹿や猪にかじられたり、虫害、風などで折れたという自然淘汰され、20~30年後には5、6本の株木となって大きく育つ。
このアラカシのような広葉樹は自然萌芽するので植樹の必要がなく、成長サイクルも20~30年と比較的早い。
比べて、林業の主たるスギ・ヒノキは萌芽しないため植樹が必要で伐期まで60~70年という。

アラカシの伐採(大径木)
(約8分45秒)

玉切り(大径木)
(約1分28秒)

アラカシ(粗樫)の山
原木ギャラリー:その1

備長炭で原木アラカシ|日向備長炭|緑仙白炭窯
株木
自然萌芽するアラカシ。
このアラカシ、株木となっても立派な木である。
50年ほど前に一度伐採された様子がうかがえる。
堅木
備長炭(白炭)にできる木は堅い。特にカシ、クヌギ。樫の場合、比重が0.9だが水に沈む。ちなにみ、杉=0.4、桐=0.3と比重にすると軽い
枝払い
木には当然、枝葉が多い。特に広葉樹は自由な角度、太さ、曲りで生えている。機械化できない理由の一つである。すべて人の手による作業が求められる。
斜面
山はもちろん斜面である。傾斜にもよるが、ここでドーム型の炭窯の高に木を合わせて伐る。割る木や丸のままの木の幅を見極め、高さ190~230cm。慣れれば計らなくても目で合わせられる。
アラカシの肌
アラカシの幹。山には似た木もたくさんある。見極めは、木肌、葉っぱ、木の皮を削るの順。葉っぱで大体わかるのだが、最後は伐って芯を見る、である。
アラカシの木でなくとも窯焚きの薪で使うのでOKである。
アラカシの葉
アラカシの葉っぱ。似たものもたくさんある。山に入っていろんな葉を見ると次第に違いが分かってくる。慣れれば遠めの山の樫群が見て取れるようになる。
アラカシの肌
アラカシの幹。山には似た木もたくさんある。見極めは、木肌、葉っぱ、木の皮を削るの順。葉っぱで大体わかるのだが、最後は伐って芯を見る、である。
アラカシの木でなくとも窯焚きの薪で使うのでOKである。

山で使う道具
原木ギャラリー:その2

チェーンソー
木伐りの相棒とも言える基本道具。
アラ樫の木は非常に堅いので刃のメンテナンスが最重要。
木の重心を見極めれば、倒れる木の方向をコントロールできる。
・有資格:伐採等特別教育(大径木)
クローラー
軽トラも入れない悪路、狭い道にはこのクローラー。キャタピラ式なのでほぼどんな道でも走ることができる。ゆっくり走るがこのタイプは最大積載量は1.5t
・有資格:走行集材機械運転業務特別講習
バックホー
山に道を作り木を引っ張れる1000人力のバックホー。広い現場では欠かせない。
・有資格:車両系建設機械運転技能講習
木材荷役機械
木材を掴む手首のようなとて働く林業機械
たまに登場する優れもの
主にスギ・ヒノキの伐採時に登場
架線集材
人しか登れない深い山からの伐採では、この架線集材。
山の上まで線を張り、伐った木を作業場まで引っ張り下ろす。
作業人数と熟練の技が必要。
・有資格:簡易架線集材装置等運転特別教育
架線集材
人しか登れない深い山からの伐採では、この架線集材。
山の上まで線を張り、伐った木を作業場まで引っ張り下ろす。
作業人数と熟練の技が必要。
・有資格:簡易架線集材装置等運転特別教育

山への架け橋
原木ギャラリー:その3

見極め
川向こうの地形を歩き、橋架けの位置を見極める。
渡し
位置が決まったら、周辺を伐り空けつつ、橋の渡し材を伐り出す。
強度を計算しここは5.5mのスギ材。
板張り
渡し材のたわみを無くす役目を果たしつつ、軽トラ+木材の重量に耐えうる板を張る。
完成
十分な強度で完成
本格集材
橋に向かって山からアラカシを集める。
搬出
集めた材を搬出。
ここでは重機などが使えない川向こうの狭いエリアなのですべて手作業。
比重0.9の樫は重く硬い。
搬出
集めた材を搬出。
ここでは重機などが使えない川向こうの狭いエリアなのですべて手作業。
比重0.9の樫は重く硬い。

Price Less

動物
シカ、イノシシ、タヌキの遭遇することも度々。
それにたくさんの小鳥のさえずり。
人間だけでなくいろんな動物が一緒に暮らしていることに改めて気付かされる。
太陽
山に差し込む陽の日の光は何度見ても美しい。
太陽の温かさは格別である。
季節によっては霧かがることも。
朝日がでれば薄れていく。
たまに大雪。
山仕事はできないが、山ならではの美しさを感じられるとき。
こんな時は窯で火に当たるのが一番。

田んぼ
稲刈りシーズンには絵に描いたような、日本田園風景を見ることができる。
ねこ
こんな子猫を拾ってしまうことも。

太陽
山に差し込む陽の日の光は何度見ても美しい。
太陽の温かさは格別である。

品薄と言われる国産樫の本格備長炭

全国へ炭窯から発送|日向備長炭|緑仙白炭窯|モリのコビト
全国へ日向備長炭をお届けします。

全国のどなたにでも日向備長炭を使っていただきたく、インターネットでの販売をいたしております。
緑仙白炭窯から全国に直接お届けいたします。

そして備長炭製造元でしかできない柔軟な対応を心がけています。

貴重な天然資源から出来た備長炭。
無駄にしたくない。
なので、緑仙白炭窯ではこう決めたのです。

出荷3原則
1:炭のカットレスを推進
そこから生まれた
2:規格の細分化
3:自然折れ防止策

手間と時間を惜しまず、すべて手作業で行います。
2020年から三窯体制で生産を強化しますが、天候など都合で在庫がなくなる場合がございます。
何卒、ご理解とご了承を頂けると助かります。

撮影協力:鮨 ゆき正(福岡市博多区)

出荷3原則

【炭のカットレスを推進】
炭の燃焼に支障がないレベルでの端の多少に割れは極力カットしない。カットによる粉砕ロスを軽減します。炭の見栄えの良さを捨て、実利を取ります。より多くの炭を利用して頂きたいという想いからです。何卒、ご了承ください。
【規格の細分化】
粉砕ロスが少ないと姿を残す炭が多くあります。
1級規格の大きさをそのまま2級規格を設定。
またこれまで商品化していなかった小さな炭も3級クラスとして出荷可能にしました。
合計49規格。
現代的デザイン箱にてお届けします。
【炭の自然折れ対策】
窯から炭を出して約1か月の間自然の空気にさらして炭を慣らします。自然に折れる炭は折れてから規格に合わせて出荷しますので、お客様の手元で折れることを軽減しています。
【炭の自然折れ対策】
窯から炭を出して約1か月の間自然の空気にさらして炭を慣らします。自然に折れる炭は折れてから規格に合わせて出荷しますので、お客様の手元で折れることを軽減しています。

美しい音、それが備長炭
(約4分)

※通常商品は動画のような手切ではありません。手切をご要望の場合はご連絡ください。

WebShopのご案内

直営【日向備長炭】販売ウェブサイト
購入時にクーポン券を発券いたしますので、次回購入するときにお使いいただけますので、お得にご購入していただけます。
・商品5,000円以上の購入で5%OFFクーポン
・商品20,000円以上の購入で10%OFFクーポン
・商品10,000円以上の購入で送料無料(送料全国一律770円)

■決済方法
・クレジットカード決済(VISA・master・AMEX・JCB)
・キャリア決済(docomo・au・SoftBank)
・コンビニ決済 ・PayPal
Amazon支店
Amazonでも販売をいたしております。
発送は当炭窯からお客様へ直接お届けいたします。
・商品10,000円以上の購入で送料無料(送料全国一律770円)

■決済方法
・クレジットカード決済

Amazon支店
Amazonでも販売をいたしております。
発送は当炭窯からお客様へ直接お届けいたします。
・商品10,000円以上の購入で送料無料(送料全国一律770円)

■決済方法
・クレジットカード決済

日向備長炭 商品画像

1級 丸 3L-4Φ
丸規格 最大規格
3L=長さ29cm
4Φ=直径3~5cm
箱入りは、内容重量10kg
3L 規格
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
2L 規格
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
L 規格
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
M・S規格
M規格:
 長さ10cm~19cm
S規格:
 長さ4cm~10cm
5kg 袋
M・S規格は5kgの袋でもご購入いただけます。
5kg 袋
M・S規格は5kgの袋でもご購入いただけます。

古来よりの伝統産業が現代に活かせるもの

炭焼き希望者募集
山と窯、木と炎
自然と生きることが仕事になる
人の手でしか作れない物がある!

世はAI万能、人員合理化の時代の真っ只中
そんな時代に真逆ともいえる時間の流れを持つ産業があります。
それが備長炭、言わずと知れた伝統産業です。
機械化が図れない広葉樹の伐採、一様にはいかない季節相手の炭窯作業。
人の手と五感を駆使し、それを積み重ねて初めて良い炭ができる。

新しい自分を見つけたい!
いや、これぞ私の生きる道!
いやいや、自分の強みが活かせる!
一緒に炭しませんか?

炭が出来るまでにはたくさんの工程があります。
木伐り、炭窯、商品管理、販売部門etc...
自然美あふれる一生涯の仕事になり得る職業です。
ここがメリット1 太陽と共に仕事が出来き、自然美あふれている。
ここがメリット2 物作りの醍醐味を一から十まで味わうことができる。
ここがメリット3 全行程を習得すれば、一生涯の仕事となり得る。
ここがメリット4 伝統産業の担い手として日本でも数すくない職人の一人になれる。
ここがメリット5 カロリー収支のバランスがとれ、心身ともに健全性を保てる。
ここがメリット4 伝統産業の担い手として日本でも数すくない職人の一人になれる。
地域ブランドの備長炭お作りいたします。
地域ブランドの備長炭で全国にPR
不活用の山は資源の持ち腐れ
スギ・ヒノキだけが林業、山の資源ではありません。
我々と共に広葉樹ビジネスを始めませんか?

いろんな意味でなかなか手を付けづらい広葉樹。
良く聞きます。
そんな広葉樹を我々は備長炭や白炭へと製炭します。
すると利用価値が発生し、付加価値が格段にUPします。
一例として...
地域ブランドの備長炭として全国に販売も可能ですし、地域の飲食店などでも使用可能です。
そのことで地域を全国に発信することができるのではないでしょうか?。
温故知新
【地域】+【備長炭】=【新たな産業の創造】

機能性インテリア・アクセサリーetc
バイオマス燃料やパルプの原料にしては経済面でももったいないのです。
ケース1:木の買取 アラカシの木、買い取ります。(要お打ち合わせ)
ケース2:炭受託製造 地域の木を持ち込んで頂き、当窯で備長炭(白炭)に製炭します。
ケース3:製品化 炭の受託製造後、御社ブランドとして出荷いたします。
ケース4:商品化販売 製造から販売まで一貫して当方にで請け負います。
その他 広葉樹の製炭から活用企画などご相談、ご提案等承ります。
ケース2:炭受託製造 地域の木を持ち込んで頂き、当窯で備長炭(白炭)に製炭します。

問合せフォーム

ご興味があれば何なりとお問合せ下さい。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

緑仙白炭窯 MAP

見学・体験お待ちしています。
お越しの際、ご一報ください。
お越しの際は事前にご一報くださいますようお願いいたします。
公共交通機関が非常に少ないため、お車でのお越しをお勧めします。
以下、お車でお越しの際の目安の所要時間です。

延岡市、日向市 ⇒ 約40~50分
高千穂町 ⇒ 約60分

モリのコビト ~GreenGnome~

概要
■自社ブランド緑仙白炭窯の運営

・日向備長炭の製造販売
・備長炭、白炭の受託製造
・地域ブランド木炭製造
・広葉樹地域おこし事業
・備長炭インテリアの創作
・備長炭燻製の食品製造

■代表プロフィール

福岡市生まれ。福岡大学 理学部卒業。
1997年~
東京と福岡で営業をはじめとしてマーケティング、システム開発などの職種を経験。
2010年~
産地直送の農水産物、加工食品などをインターネット販売を開始。
その後、素材を活かした燻製料理を提供する飲食店を福岡市内にオープン。
2017年~
燻製の調理法をより追及するために熱源に注目。
日本三大産地の一つ宮崎県美郷町に移住し「備長炭」を自ら作ることを決意。
木伐り修業から始め、備長炭を焼くに至る
2020年
炭窯を三窯体制へと整備。
日向備長炭のインターネット販売の開始。

所属団体
・美郷町備長炭製炭技術保存会 正会員
・美郷町商工会 会員
・福岡商工会議所 特別会員

有資格
・調理師
・日本ソムリエ協会 ワインエキスパート
・オリーブオイルジュニアソムリエ
・だしソムリエ3級
・狩猟免許 わな猟
・林業系資格


今後、備長炭燻製の製造の準備を進める予定です。
ご興味がありましたらお声かけください。
ジビエの燻製|モリのコビト
備長炭を使った
ジビエの炭窯燻製
作ります
ジビエコース料理|モリのコビト
ジビエのコース料理
作ります。
料理に合うお酒ご提案します|モリのコビト
料理に合う
お酒ご提案します
料理に合うお酒ご提案します|モリのコビト
料理に合う
お酒ご提案します